Home > Football is Life > 2007シーズンホーム最終戦

2007シーズンホーム最終戦

日帰り静岡

朝8時に出発。カメラ忘れる。
フジヤマが綺麗でした。

清水 2 − 2 千葉
藤本×2     巻、ジョルジェビッチ

前半3分に、千葉CKで巻を青山がフリーにしてボレー一発。
そこから反抗、10分に藤本のミドル、20分にはチェジンが相手のDFラインのボールを奪いゴールに迫るとたまらず斎藤大輔がファール。
一発レッドで退場、FKを藤本が直接決め2−1。
ここまではよかった。
後半。
10人になった千葉が走る走る。
清水はDFラインでのボール回しもおぼつかなく、どたばたした展開に。
それでも何度か決定機は作るものの、藤本のミドルがバーに阻まれるなど、点が取れない。
で、後半20分頃のジョルジェビッチの70mロングシュート。
その後、枝村、西澤、純平と投入するが、この采配がことごとく外れ。
3-5-2とするも、中盤からの組み立てがほとんど出来ずに時間だけが過ぎてゆく。
西澤、純平と入れるのであれば、まだ走り回れる岡崎や、若い原一樹を投入でもよかったのではと。
終了補ホイッスルとともに静まりかえる清水ゴール裏と歓喜の千葉ゴール裏。
前節の浦和戦が引き分け△だとするならば、今節の引き分けはまさに▲
スタジアムの雰囲気がそれを物語っていた。
本来ならば、ゴール裏に挨拶に来た選手にブーイングなのだが、今日ばかりは久保山引退セレモニー&ホームラストゲームイベントのおかげで、何とも微妙な雰囲気に。
それでも、9年もウチでがんばってくれた久保山を送るのは大切なこと。
今年最初で最後の久保山のチャントも日本平に響いていた(あれ、開幕でやったっけか)

それにしても、真田の時といい、ノボリの時といい、引退試合で勝てないなあ。

西部 5.0 1点目はノーチャンス。2点目はゴラッソとはいえ油断しすぎ。
市川 5.5 クロスの精度、ボールコントロール、シュートへの積極性と足りないものばかり目立った。
青山 5.5 巻のマークを外すのは凡ミス。
和道 6.0 相変わらず高さでは負けなし。
児玉 5.5 サイドバックの攻め上がりはほとんど無かった。
兵働 5.0 パスミス多し。攻撃のリズムを壊していた。後半投入された水野にキリキリマイ。
伊東 5.5 守備では相変わらずの安定だが、攻撃時の展開が遅い。
藤本 6.5 ミドル、FK、パスカットと、攻守に一番効いていた。2失点目に繋がるパスミスは減点材料。
フェル  5.5 攻めの姿勢は目立ったが、今日はボールを持ちすぎ。
矢島 5.0 藤本やフェルナンジーニョとの意識があわず、動き出しがずれる。ボールを持ってからのプレーも粗い。
チェジン 5.5 スカウトを意識しすぎ? 後半になるとサイドに開いてしまう悪い癖が出た。

枝村 5.5 流れを変えて欲しい時間帯だっただけに、ボールをもらったとき、ボールをもらうときの動きが少なかった。あと、シュートは枠に。
西澤 5.0 パワープレー要員。が、何も出来ず。
純平 5.0 ゲームに全く入れなかった。

健太 5.0 交代枠の使い方が相変わらず・・・

コメント:0

フォーム
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://romafla.que.ne.jp/weblog/wp-trackback.php?p=107
Listed below are links to weblogs that reference
2007シーズンホーム最終戦 from Romantic Flight.blog

Home > Football is Life > 2007シーズンホーム最終戦

Search
Feeds
Meta

Return to page top