Home > Archives > 2012-11

2012-11

【読む見る】10月末からこっち色々と

 10月末からいろいろ買っている漫画が溜まってまためんどくさいことになりつつ今日も新しい本を買います(悪循環)

 VITAを買ったのですが、ミクさんしか入れてません。それ以上になんとなく買った3DSのファイヤーエムブレムを進めたり、シャイニーフェスタを進めたりといろいろ手が回りません、はい。

 いやしかし、『恋愛ラボ』がアニメ化とはまた驚いた。『みそララ』コラボとかやらないかなあとか何とか。

東京カラス 1 (サンデーGXコミックス)

宮下祐樹 『東京カラス』 (1)

 GX誌上で色々とネタがデリケートだった『正義警官モンジュ』のあとにアワーズで『リュウマのガゴウ』を連載してる宮下祐樹がGXに帰ってきて何を描くのかと思ったら、設定のネジが斜めに飛んだこの作品でした。
 都市伝説にまつわる事件を理不尽かつむちゃくちゃに解決する女子高生の物語。いや一応筋は通ってるんですけどね。なんか世知辛い筋がw

O/A (7) (カドカワコミックス・エース)

渡会けいじ 『O/A[オー・エー]』 (7)

 O/A完結です、完結。同じ声でラジオで二人一役というネタから広がった作品世界ですが、7巻で残念ながら終わり。尻上がりに評価の上がっていった好作品でした。主人公ゆたかの物語とともに、もう一人の主人公はるみの物語、こちらをもう少し見たかった気がしないでも無いですが、それでも綺麗に閉めたなあと思います。

魚の見る夢 (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)

小川麻衣子 『魚の見る夢』 (1)

『一人ぼっちの地球侵略』で面白さ爆発している小川センセが「つぼみ」で連載している漫画の単行本化。ちょっと病み気味の姉妹百合です。好きな人はどうぞ好きな人は。僕は大好きです。

晴れのちシンデレラ  5 (バンブーコミックス)

宮成樂 『晴れのちシンデレラ』 (5)

 いつもは11月に出ていたので、10月末に出たのでちょいと周期ずれた感じでびっくりデス。
 もう5年目に入るんですが、いつ読んでもどこを読んでもすべての気持ちが落ち着く名作になってます。
 ちょっとずつの変化はあるのですが、世界観を壊さない代わり具合。新しいキャラも魅力的に、そしてさり気なく世界観に入ってきていてとても楽しい。虎姫様の色々読めなさ具合が素晴らしいです。
 あと、年を追うごとにハルさんが超人的になっていく気がするのですがもうそこはw
 アタル君ご学友’sの登場シーンも増えて色々楽しい5巻でした。またこれで一年戦える感じ。

ウワガキ(4) (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

八十八良 『ウワガキ』 (4)

『嫁語り』や『狼の口』が注目されているフェローズですが、ラブコメナンバーワンといえばこれでしたが、ついにの完結。ラブコメと骨董無形SFの相性が良いのは昔からの伝統ですが、近年稀に見る融合っぷりで毎号毎号楽しみだった作品。4巻完結で集めやすいので、読んだことない人にはホントおすすめ。

【読む見る】ゆめくり(1)

 11月になりました。あとふた月で今年も終わり。僕は明日の大一番が心配で心配でたまりませんが。

 温泉は大好物ですが、最近一人ぶらり旅などしていないので、好きなだけ入る温泉ができていないのが寂しいところ。もうこの際熱海でも湯河原でもいいので温泉に行きたい。日帰り温泉って素敵ですよね。

ゆめくり 1 (アライブコミックス)

博 『ゆめくり』 (1)

 温泉漫画と言われると、『のどかnobody』を思い出してしまったりする感じでアレです。まあのどかの方は単行本2巻まで出たところで連載終わってしまって、残り4話ほどが単行本化されていないという悲しい事態になってたりするわけですが。
 それはともかく、『アクアリウム』が素晴らしかった博せんせいの最新作ということで表紙買いをして積んでいました。またかとか言わない。
 温泉街看板娘ものかと思ったらあたしゃ神様だよ物だったりしてびっくりとかしてみたりするわけですが。女子高生たくさん登場温泉街ものということで何処かのアニメが思い出されもしましたが、主人公は温泉大好き男子高校生らしいのでラブがコメる感じで進んでいきそうです。とりあえずヒロイン補正のあるお湯の神様の素朴属性が卑怯くさいですが、ライバル旅館の娘さんのテンプレっぷりに安心したりなんだりしているところ。
 最大の問題は何故つつじちゃんがメガネを常時かけていないかと(日記はここで途切れている

 

Home > Archives > 2012-11

Search
Feeds
Meta

Return to page top