Home > Archives > 2011-11

2011-11

【読む見る】セントールの悩み(1)

 ムダに風邪を引いてしまい大変な今日この頃。熱はないのだけれど、鼻と喉をやられてへいこらしているところ。鼻が詰まる→口呼吸→喉が痛む の悪循環を繰り返し日々が続いております。寝るときはマスク必須だね。

セントールの悩み 1(リュウコミックス)

村山慶 『セントールの悩み』(1)

 8月号でいったん休刊のコミックリュウ連載、セントール(ケンタウロス)の女の子が主人公のほのぼの女子学生ライフマンガが遙々コミック化。
 リュウ連載第一話を見て一目惚れした作品です。ファンタジーでSFなんだけれども、妙にリアルな生活感があるのが魅力的。特に、人馬形態の人が風呂にはいるときとかトイレにいく時とか、翼人形態の人が服を着たりするときとかの細かいポイントが妙に凝っていて気持ちいい。
 まあそんなことはともかく、主人公の姫乃がものすごく可愛いので全てはそれでいいのだ。
 バカボンのパパが言うように、これでいいのだ。

【読む見る】晴れのちシンデレラ(4)

晴れのちシンデレラ ? (バンブーコミックス)

宮成樂 『晴れのちシンデレラ』(4)

 今年の晴れシンも素晴らしく満足。なんだろう、巻をすすめるごとにハルさんの超人っぷりがアップしている感がします。
 4巻になって脇キャラへのスポット率がアップしたのも良かった気がします。三条家を筆頭に他のご学友の家庭も書かれ、さらには3年生の先輩の登場と、世界とキャラクターの広がりが出てきました。(若干名出番の減った人がいますが気にしない)
 毎回毎回思うことだけれども、ほとんどの話が暖かく終わる晴れシンの世界が好きでたまりません。あと絶対にツンになれない自称ライバルキャラの三条様がかわいすぎてたまりません。
 5巻の出る来年が楽しみでまた一年頑張れるなあと思う作品です。

【読む見る】ぼくらのよあけ(2)

ぼくらのよあけ(2) (アフタヌーンKC)

今井哲也 『僕らの夜明け』(2)

 2010年と2038年の少年少女が出会った「彼」を再び宇宙に返すチャンスはたった一度。
 空想科学で、ジュブナイルで、ボーイミーツガールで、コドモとオトナの夢物語で、友達の物語でと、美味しいところをコレでもかつ惜しげも無く詰め込んだ健全小学生SFまんが『ぼくらのよあけ』の2巻。完結編。
 6月の末に1巻を読んでから待ちに待ち続けた5ヶ月間。アフタヌーンの連載をチェックするのを我慢してまとめて一気に楽しみました。小学校の夏休みって、なんでこんなに夢いっぱいなんだろうなあと、遠い目をしたりもしたくなるノスタルジア(作品世界的には28年後だけど)が襲いかかってきて読んでいるマンガの画質が悪くなってくる感じがしました。泣いてなんかいません。
 1巻が『起』とすれば、2巻はまさに『承』から『結』まで一気に駆け上るスピード感。それでいて、けして急ぎすぎない丁寧さ。2巻、たった10話しかないこのもどかしさは、僕らが子供の頃に抱いた、夏休みが終わって欲しくない感覚そのものなんじゃないかと。そんな読了感。
 それにしても、最終話のゆうまとナナコの会話が物凄く胸に響くものがあったりします。いや、ナナコほんとにいいロボットだよ。ナナコのセリフ「人間はウソをつけるのにつかないからすごいんデスよ」ってのがもうたまらなく愛おしいのです。
 
 それはそれとして、メインストーリーのまさに「サブ」で進むサイドストーリ的な5年女子の話の収束してゆく様が個人的に好きです。まずい方向に行きそうだったのを押しとどめた弟くんのセリフが素晴らしかった。

【読む見る】夜桜四重奏(11)

 だらだらと天皇杯を見やる。松本山雅だ、水戸だ、愛媛だとアップセットが結構あるなあとか何とか。
 しかし天皇杯アンセムはやはりいい。惜しむらくは、天皇杯アンセムを聞く最高の瞬間は元旦の国立だけだということ。つくづくと、今年の1月1日をまたふと思いだしてしまう瞬間ではある。3回目だぜ、国立で銀色のメダルを見るのは。(98年のフリューゲルスの時は実家でテレビ。01年の優勝の時も実家でテレビ)大分とのナビスコの時を考えると・・・という感じ。
 今年もなんとか元旦国立に行って欲しいところ。組み合わせを見ると、するするっと行けそうなブロックではあるが油断は禁物である。小野も怪我して4週間だし。

夜桜四重奏?ヨザクラカルテット?(11) (シリウスKC)

ヤスダスズヒト 『夜桜四重奏』(11)

 11巻です。人魚と吸血鬼のハーフなミナカナ編です。
 1エピソードを単行本にきっちりまとめているので、今巻はかなり太め。おねだんはそのままお得な構成。
 主役たちがいない中で、脇でそっとしていた警察官の獅堂さんを中心に回る話。夜桜四重奏は、エピソード後半のどんでん返しとキャラクターの本性さらけ出しのカタルシスが毎エピソード素晴らしく楽しいですが、このエピソードはまた久しぶりに弩ストライクでした。

【読む見る】ニート女と小学2年生

 こうなることはわかりきってはいたものの、ミクさんを買ったので他のゲームの進捗が止まりました。まあしょんないしょんない。
 しかし、新作が出るたびに思うんだが、旧作の曲も全部引き継げないかなあとかいう(ムチャ振り)
 特に1だとPV表現がまだまだこなれていない曲もあったりするので、そこらへんもカバーできていたらすごい面白かったのになあとか何とか。そういやついにみっくみくが曲リストから消えてしまいましたなあ。

ニート女と小学2年生 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

志水アキ 『ニート女と小学2年生』

 ヒゲのオッサンを書かせたら日本でも5本の指に入るのではないかというヒゲオッサン好きらしい志水アキ先生の短篇集が出ていまして。コレまでの作品が伝奇モノだったりファンタジーモノだったり古代中華モノだったりとしていたので、ベタベターな現代風景モノを書いているとはつゆ知らず。
 表題作の「ニート女と小学2年生」を含む6短編が収蔵されております。
 京極堂シリーズを除くと、結構切った張ったのアクションが多い作家さんでしたが、日常+ちょっと不思議の作風はまた違った魅力がありまして。特に巻末の「恋愛相談」のオチへの流れが良い感じに力が抜けていて楽しい感じ。

 まあそんなことよりも、登場人物たちの体操着姿のむっちりさが(以下自主規制

Home > Archives > 2011-11

Search
Feeds
Meta

Return to page top