Home > Archives > 2011-07

2011-07

【読む見る】かみあり(3)

かみあり 3 (IDコミックス REXコミックス)

染屋カイコ 『かみあり』 (3)

 毎日が神在月な『かみあり』も3巻に突入しました。
 古今東西新旧を問わない神様が街にあふれる素敵な作品。ソロモン72柱も普通に出雲に、というスタンスがとても素晴らしいです。あとガブリエル様の活躍とか。
 基本的に日本神話に疎いので(専攻のせいかギリシア神話のほうが得意という無軌道ぶり)、前々からチラチラと出ている神様がとても神格が高かったりと色々楽しめました。でもって、驚きのあの九十九神が早くも登場してホロリとしたりと、ネタに困らない怪作品。
 いやあ、相変わらずREXはいい作品抱えているなという。

【日々是】アンケートを送る日々だとか

 実に、10数年ぶりに週刊ジャンプを購読しています。
 目的はただひとつ、『ST&RS』にアンケート投票するため。
 すごい期待できる作品なんだけど、おそらくジャンプではそんなにウケなくて、なんだかなあという結果になりそうな気が少しだけしたので、アンケート送ることにしました。小さなことからコツコツと。
 基本、近未来の宇宙開発をベースにしつつ、SF的な要素を第一話の伏線に絡めた味付けがものすごく僕好みで、最後まで話しを回すことが出来ればいい作品になりそうな気がするのです。10巻くらいで綺麗にまとまったらと。

 閑話休題。
 コパ・アメリカはウルグアイが15回目の優勝で終わりました。再放送を流し見しているんだけれど、ウルグアイの2TOPのクオリティの高さにしびれる。
 フォルランは、レコバが成せなかったフランチェスコリの幻影を消し去った感が。

 ・・・週末のセレッソ戦は見ないことにしよう。精神衛生上。
 大前に海外チームが興味とかのニュースが怖い今日この頃です。

【日々是】予定はないがやることはやる週末

 風的な一日を始めることができたので、いろいろやれた。
 クリーニングと掃除ができたのは大きい。ここ2週間やけに忙しかったため、あまり掃除も手付かずだったので、危なかったところ。
 平日に本屋に寄れなかったので、色々とまとめて購入。ただし積み状態は変わらず。そしてHDDの容量は減ってゆくだけ。いい加減見ないと消さないと。

 秋葉原で本を買ったあと、思い立った形で浅草に。かばんと電氣ブランを買ってみる。
 浅草をぶらぶらする前に本を勝っていたのを少し後悔。荷物が重かった。
 その後秋葉原に戻って暑さに負けたのでビールを飲む。そういえば、ということでアナロ熊さんの葬儀会場を訪れてから帰宅する。あ、ご焼香もしてきました。

【読む見る】『どうらく息子』&『昭和元禄落語心中』

 世間一般の落語のイメージといえば、笑点くらいしかないだろうというのが僕の見解。私見ですが。
 そんな僕もご多分にもれず、笑点メンバーの他には立川談志とかくらいしか名前が上がらないところです。これが上方落語なんかになったら、関西の人はもうちょっと知ってるのだろうかとは思うところですが。

 そんな感じで、せっかく東京にいるにもかかわらず、寄席なんかには一度も行ったことがないという話。でもたまにテレビでやっている落語を聞いているのはすごい楽しいわけで、やっぱり一度行かなくてはなあと思うのが偽らざる心情。なかなか機会がないけれど。

どうらく息子 1 (ビッグ コミックス)

尾瀬あきら 『どうらく息子』

昭和元禄落語心中(1) (KC×ITAN)

雲田はるこ 『昭和元禄落語心中』

 そんなこんなで落語漫画というものを読んでみました。
 前者の『どうらく息子』は、ビックコミックオリジナル連載中で、現在2巻まで発売中。一方『昭和元禄落語心中』の方は、講談社の季刊ITANで連載中で、今月7日に発売。

 2作品共に落語を扱っており、師匠の落語に感動し弟子入り志願をした主人公を中心に進むストーリを基調としながらも、いわゆる”青年雑誌”に連載されている『どうらく息子』は、落語界を主人公の目線で見つめる「職業モノ」的な側面をもち、一方『落語心中』の方は、弟子と師匠の他に、師匠の兄弟弟子だった男(故人)の娘を加えた3人それぞれの動きを俯瞰的に描く手法をとっており、全く読み味の違う作品になっている。

 『どうらく息子』の面白みはやはり職業モノ定番の主人公の成長をじっくりと描く部分と、主人公が足を踏み入れた「落語」の世界を、その裏側から開示してくれる裏話モノ的な、読者が新しい知識を手に入れることができる快感にあるのだと思う。(監修しているのは現役の落語家)いわば、「大事なことは全て漫画で教わった」を地で行くうんちく漫画的な楽しみ方もできる、何度か読み返したくなる知識欲を刺激してくれる作品。
 他方、『落語心中』は、「落語」を背景にした情念漫画、とも呼べるモノ。主役級3名がそれぞれに落語に向き合う姿勢を、弟子はその天然無心な行動で、師匠は内に秘めた想いで、兄弟弟子の娘は落語の世界と自分とのギャップの苦悩の中で表現しています。後半、それぞれの主人公達の想いを理解した際に再度読み返すことで、それぞれのセリフの裏側をうかがい知ることも出来る作品です。

 同じ題材、同じ起点でも、全く違う二種類の漫画が出来上がるところに、相変わらず漫画の面白さと、漫画家のテクニックを感じることのできる2作品です。

【日々是】環境周りを変えたので大変

 PC周りを新調しました。
 当初予定していた予算は5万円。Z68チップにcore-i5 2500kで64k のOSに載せ替えるのを目的として実施。5万あれば新しいBTOも買えるのだけれど、Z68 と64k OSの選択を考えたのでメモリや電源や光学ドライブは流用できるはず、という思想のもと(あまり下調べもせずに)突入。

結果:
 マザーボードとCPUを買ってくる。→DDR2メモリとDDR3メモリに互換性がないということに気づく。
 とりあえずメモリを買ってくる。→今付いてる電源がCPU用補助電源に対応していないことに気づく。
加えて、光学ドライブがIDE接続だったためSATA接続の光学ドライブを新たに購入。

 ということでモニタとグラボとケース以外はほぼ新規投入。予算も電源と光学ドライブなどで約2万のオーバー。

 インストールに戸惑いつつもセットアップを完了したのは土曜の朝6時。
こんな感じ。

 グラフィックに関しては古いままなので。あとディスクに関してはSSDじゃない限りはここらへんが限界か。

Home > Archives > 2011-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top