Home > Archives > 2010-12

2010-12

【日々是】僕らの街に今年は雪が降る

なにやら都内では初冠雪だったらしい30日も過ぎ、大晦日です。
人がやたらと用もないのに歩いている年末も最後の最後になりました。

12月の半ば辺りから続いていた忘年会シーズンも、今夜をもって最後となります。
明日からは新年会シーズンに。
肝臓の休まる暇がありません。ホント大変です。

とりあえず今年も有難う、来年もいい年でありますようにと。

【日々是】年末年始

年始は未定だけれども。
年末の予定がパッツンパッツンにつまりました。
あと、いい加減積み上げたゲームやらないと追いつきません。
PSP版『タクティクスオウガ』とか、やりかけの多数のゲームとか。
あと、アニメが始まる前に『シュタインズ・ゲート』もやりたいんだけれど、なんかそろそろプラチナ化しそうで恐ろしいとか何とか。

MHP3は、MHP2を途中で投げ出した記憶があるので買ってもいなかったり。
『ファンタシースターポータブル』も途中で投げ出した記憶があるので、もしかしたら僕これ系のゲームに向いていないのかも。
ウィザードリー系ならだらだらといくらでもできるのに。(ここらへん携帯ゲームをバカに出来ない僕・・・)
あれだ、色々やりたいことがおおすぎて、どれかひとつに腰をすえていられないってのもあるのか。
たまった録画も何とかしないといけないし。

とりあえず、今度の週末から、毎週末は飲み会だ状態になると思うので、なんか色々心配でたまらない。

ああそういえば、高木長男決まったなあとか。ということは淳吾名古屋も決定か、とか。
ヴェルディジュニアユース出身なんて初めてじゃないか? などなど。

【読む見る】ゴッドバード(1)

ゴッドバード? (CR COMICS)

長谷川裕一 『ゴッドバード(1)』

 わあ、これ、同(ry 趣味の本だあw

 長浜ロマンロボシリーズをクロスオーバーしつつ、主人公は女子中高生と(どっちか描写がないので)いかにもな長谷川作品。
 復活怪人、帰ってきたスーパーロボット、そして新たな謎(風呂敷)と、リメイク・クロスオーバーの王道を突っ走る作品に仕上がっています。
 さすがに、作品群と同年齢過ぎて、リアルタイムでは観たことはないけど、おはなしはだいたい知っている作品群(例のあのゲームのおかげもあり)なので、どう動くか楽しみで仕方がない。

【読む見る】純真ミラクル100% (5)

純真ミラクル100% (5) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)

秋★枝 『純真ミラクル100%(5)』

5巻で最後でした。
4巻でのどろどろぶりをどうするのかなあと思っていたら、1巻で綺麗にまとめるところが素晴らしい。
まさにタイトル通りの、純真な奇跡。100%の着地でした。
登場人物それぞれが、いろんな思いを抱きながら、ちょっとだけ未来に進んで、ちょっとだけ幸せになれる。
ラストシーンで笑っていられる漫画は幸せの漫画と再確認出来る、納得のエンディングでした。

【読む見る】1/11-じゅういちぶんのいち-

1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)

中村尚儁 『1/11-じゅういちぶんのいち-(1)』

 JSQでなんとなく第一話を流し読みした時の違和感は、アフタヌーンの四季賞だったか。
 いかにもジャンプ臭くない、講談社系の流れはそうゆうわけなのねと。

 タイトルの11とはイレブン、つまりフットボールの1チームの人数。
 基本的には一人、つまり個人技が重要なんだが、その個人も、11人いる中での一人をだということを忘れてはいけない。フットボールとはそうゆうスポーツなのだ。

 とういことを前提に、フットボール的要素は所謂話の外枠を彩るガジェット。話の根幹は、まっすぐ純粋な青春ドラマだったりする展開でした。
 ”青春”という生き方の羅針盤として、フットボールがそこにある。
 そういった話の作り方、大好きです。

Home > Archives > 2010-12

Search
Feeds
Meta

Return to page top