Home > Archives > 2010-06

2010-06

【読む観る】宇宙ショーへようこそ

 前知識も前準備も全くなく、『宇宙ショーへようこそ』を見てきました。
 夏休みに、子供たちが、不思議な友人の力を借りて、異世界で必死に頑張る。
 この組み合わせだけで僕的に数え役満。たまらん。

 いやしかし、ポスターの、宇宙に飛び出すジャングルジムと、「修学旅行は宇宙でした」というキャッチコピーだけが前情報だったんで、近未来SF的物語かと思ったら、素晴らしい方向に裏切られました。
 やっぱり、小学生の夏休みは、楽しさ、ワクワク感が最高潮な時期の一つなはず。ええ、そのはず。
 ノスタル爺と言われようともそうに違いない。

 というか、登場してからずっとひろしがたまらなかった。ひろしが。
 ※いや、藤原啓治氏なんだけどもうひろしにしか聞こえない。

 といいうことで、上映館少ないけれどもおすすめ。

【読む見る】土曜日の入手モノ

ワールドカップで睡眠時間がボロボロ気味。
まあともかく、岡崎が点をとったので満足です。
あと日本の予選突破も。

頑張って午前中の早めに起きて国会図書館に行こうと思ったのですが、
5時半に寝て、10時くらいに目が覚めた気がしたけれど、二度寝をして14時まで寝てしまう。
というか、金曜夜の2試合は、どちらも消化試合というか、生で見て非常にフラストレーションが溜まるというか、
早い話、とっとと寝ればよかったと思ったのは内緒。

せいなるめぐみ (1) (まんがタイムKRコミックス)

荒井チェリー 『せいなるめぐみ』 (1)

 ぶらりと出かける直前にヤソンより出てるよとツイットされたので購入。なぜか発売ノーマークでした。
 安心の登場人物すべてがどこかおかしい(褒め言葉)荒井チェリーなんだけれども、久しぶりに声出して笑った良い出来でした。
 中でも途中から出てくる椿乙女にガッツリと。良いキャラ過ぎてたまりません。ええ、たまりません。

森田さんは無口 2 (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)

佐野 妙 『森田さんは無口』(2) 

 今回の噴出し付きのセリフは「えひゃい」と「お」だけでした。
 ということで、佐野妙『森田さんは無口』の2巻目。4コマの見本というか優良作品というか、いつでもどんな時でも安心して読める作風がとても好き。

家族ゲーム 6 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-6)

鈴城 芹 『家族ゲーム』 (6)

 5巻の時も書いたけれども、またカバー裏の人物相関図がひどいことに。
 ということで待望の鈴城芹本、『家族ゲーム』の第6巻。
 4コマ漫画にありがちなループ時間ではなく、確実に時の流れを描く珍しい作品で、主人公たちも初登場から4年たち色々環境が変わりまくっております。
 6巻はちょうど2月から夏休み明けまでということで、バレンタイン→ホワイトデーまでの流れが非常にニヤニヤでもうリア充爆発しろ。
 時が経つのは寂しいけれど、キャラクターが成長したり大きくなっていったり(イヤ、精神的ニデスヨ、精神的ニ)するのを見るのは非常に楽しい。それぞれのキャラクターへの作者的愛がたまらないなあと思いつつ。

とりあえず土曜に買った本だけ。
6月色々買ってるから、そのうちまたまとめないとなあ。

【読む見る】最果てのディアスタ

ダラダラと一週間。やることはそれなりにあるのだが、ついつい本など読んでしまう今日この頃。
来週は重そうな雰囲気。梅雨も始まったので、どこかのタイミングで髪でも切りに行きたいところ。

最果てのディアスタ (1) (角川コミックス・エース 162-7)

琴音らんまる 『最果てのディアスタ』 (1)

『時をかける少女』や『夜は短し歩けよ乙女』などのコミカライズをやっている琴音らんまるの初オリジナル本。
表紙にでかでかと書かれているのに1話のラスト近辺までずっとリオは少年だと思って読んでいた僕です。
注意力散漫。
今のところ宇宙が舞台というよりは、宇宙船というクローズな環境が舞台というところで、今後の展開が待たれるところ。
とりあえず来月に刊行される2巻を待とう。

【読む見る】怪獣のテイル

 5月は『惑星のさみだれ』だったり『Landreaall』だったりと、山どころが発売してたりして色々まったく追いつかず。
6月も6月で、週末の充実っぷりに今から色々心配。財布的に。

怪獣のテイル 1 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)

F4U 怪獣のテイル (1)

 名作どころはわざわざ上げるまでもなく素晴らしいのでもうどうでもいいです。どうしようもなく。

 で、この本。
 前作の『文化部をいくつか』でむうとなったものの、インパクトなかったためすっかり忘れていたところ、ふらりと購入したら同じ作者でした的な。
 最近はやりの育てモノ+怪獣の組み合わせ。
 2巻から登場しそうな野生児だったりメカだったりが登場することでどう動くか。
 スラップでスティックなお話になることを期待しつつ、2巻を待とう。

【日々是】晴れの週末にふらふらと

雨が降る振ると言っておきながら、結局週末は晴れでしたと。
土曜日は怪しかったけれど、ふたを開けてみたら問題なかったようで。
お陰様で、ビヤホールで飲むことができました。

ということで、酒が飲みたかったので、ヤソンと語らい池袋は西武のビアホールへ。
ほんとはワールドカップ始まってから何とかかんとか言っていたのだが、その頃になると混むんじゃないと言うことで、前倒しで。
まあ、酒飲めれば問題ないんですけどね。
いけふくろう前でドの字と落ち合いビアホールへ。は遅れるとのことなので、ふた足先くらいに屋上へ。結局合流したのは飲み放題残り30分となってから。
30分のために飲みほ代払うというのもというのもなんなので、そこらの屋台でたこ焼きとビール。
その後、飲み直しにハンズ方面の飲み屋へ。ドの字が気になると行っていたので行ってみることに。
酔っていたのであまり覚えていないのだが、かなり過ごしやすいところだったのは確か。
というか2階貸し切り状態という。ダラダラと飲むには良い店だった。うん。場所はっきりと覚えていないけど。

Home > Archives > 2010-06

Search
Feeds
Meta

Return to page top