Home > Archives > 2010-05-09

2010-05-09

【サッカー】新潟戦

ぶらりと時間があいたのでアウスタ日本平へ。

清水 0 ― 2 新潟
                西
                ミシェル

 前半はサイドが完全に封殺。
 両サイドバックの上がりを、新潟が中盤とDFの二人で押し込み、クロスを上げさせない。
 中盤がサイドにボールを出しづらくなるため、ロングボールをヨンセンに当てるやり方が多くなるが、
 セカンドボールへのアプローチが新潟の方が早く、ポストプレイを効果的に生かせない。
 そんなこんなで、新潟の攻撃シーンが多くなりバタつくDFライン。そして、CKからの1点目で完全にバランスが崩れ、DFラインの動きが後手後手に。ソコから生まれたミシェルのゴール。
 と言った感じで、完全に新潟のゲーム。
 後半はDFラインを修正し、後ろからのビルドアップにテコ入れをし、バランスを戻すことには成功したが、最後のシュート精度があまりにも悪い。そんなこんなで焦りの後ろ45分が過ぎてしまい終戦。
 無敗は12試合でストップ。リーグでも10試合でストップ。小野・ボスナー・太田と3枚を同時に欠いたことで、バランスの崩れ方が大きかったようにも思える。
 小野だけ、ボスナーだけ、となるのであればまだ修正も効いたのであろうが。
 もっとも、小野を生かすスステムである4-3-3をそのまま使うのではなく、去年の4-4-2で行っても良かったのではと思うのだが、ソコは健太の考え方次第ではある。
 まあなんであれ、負けは負け。90年代初頭のACミランみたいに圧到的に強いってわけでもないから、無敗優勝などは望むべくもなし。問題は次節のFC東京戦となるであろうて。

Home > Archives > 2010-05-09

Search
Feeds
Meta

Return to page top