Home > Football is Life Archive

Football is Life Archive

【読む見る】家族ゲーム(9) 他

 梅雨もたけなわ7月ですオハコンバンチワ。
 まあ30日はひたすら良い天気だったわけですけれど、お金もないし月末なので引きこもっている日々です。

 モバマスはSRりっちゃん出たけれど当たるわけないよねー、ということで値下がりを地道に待つ作業開始。二、三ヶ月くらい先かなあと思いながら。
 
 だらだらと地上波でそれなりにチェックしているEUROでしたが、結局スペインとイタリアに。ドイツは惜しかったのですが、メンタルが強かった頃のドイツに比べてなんだかなという感じも。ベッケンバウワーやらマテウスやら重鎮というか、アクの強いリーダーがグイグイ引っ張っていた頃に比べると、ラームはちょっとアクが弱いのかなあという感じです。まあ、グループリーグのスペイン-イタリアを見た時から、今大会のイタリアはちがうなあと感じていたのである程度納得の決勝ですが。

 加えてツール・ド・フランスが始まりました。プロローグはTTだったので、ロードのステージレースは今日から開幕。
 TTは怪我明けの本命カンチェさんがとってました。トニ・マルティンはメカトラが惜しかったですねえと。とりあえずユーロカーのユキヤには頑張って欲しいところ。いきなり逃げてもええんやで。

家族ゲーム 9 (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション 96-9)

鈴城芹 『家族ゲーム』(9)

 家族ゲームも9巻まで。ゲーム系4コマと言いながら、話題のほとんどが2828カップルを眺めるこんちくしょうな構成具合。話が進むにつれて登場人物が雪だるま式に増えながらカップルもどんどん成立していくという。しかし、1巻が出たのが2006年秋、連載開始が2004年なので、あしかけ8年続く作品。9巻の時点で連載とは2年の隔たりという。なもんで、moveやkinectが発売前だったり、ダライアスの新アーケードが稼働前立ったりと、ちょっと懐かしネタ風味。電撃4コマ自体は追っていないので、一体どこまで続くのやら(少なくともあと2年は読める)楽しみで仕方のない作品。

おうちでごはん 5 (バンブーコミックス)

スズキユカ 『おうちでごはん』(5)

 広いキッチンの欲しくなるマンガ。スズナちゃん可愛い。
 学生で住んでるマンションの住人たちが入れ違いに交流できるとかなんというウラヤマ世界なんだろうと思いながらも。スズナちゃん可愛いし。
 あと新登場の瓜沢さん姉がメガネ美人で素晴らしかったりと。

【日々是】アンケートを送る日々だとか

 実に、10数年ぶりに週刊ジャンプを購読しています。
 目的はただひとつ、『ST&RS』にアンケート投票するため。
 すごい期待できる作品なんだけど、おそらくジャンプではそんなにウケなくて、なんだかなあという結果になりそうな気が少しだけしたので、アンケート送ることにしました。小さなことからコツコツと。
 基本、近未来の宇宙開発をベースにしつつ、SF的な要素を第一話の伏線に絡めた味付けがものすごく僕好みで、最後まで話しを回すことが出来ればいい作品になりそうな気がするのです。10巻くらいで綺麗にまとまったらと。

 閑話休題。
 コパ・アメリカはウルグアイが15回目の優勝で終わりました。再放送を流し見しているんだけれど、ウルグアイの2TOPのクオリティの高さにしびれる。
 フォルランは、レコバが成せなかったフランチェスコリの幻影を消し去った感が。

 ・・・週末のセレッソ戦は見ないことにしよう。精神衛生上。
 大前に海外チームが興味とかのニュースが怖い今日この頃です。

【日々フットボール】土曜の埼玉スタジアムで

 久しぶりの埼玉スタジアムは生憎の雨。どうも今年のJリーグは、週末雨に祟られているようで、晴れ間のゲームが少ない印象。
 ともあれ、いつ以来か忘れてしまったが、予定の都合がついたので、浦和戦に出向く。
 今年の観戦は、諸処の事情のため、コレが2試合目。未だホームのアウスタ日本平には行けていないのが心苦しいというか悔しいというかそんなところではあるが。
 1試合目の柏でいろいろ叩きのめされた後、震災での中断期間を経てここしばらくのゲームをテレビで観ている感じでは、だんだんチームとしての方向性がまとまってきたといった感じ。新監督の戦術も見えてきたし、何よりも高原が調子を上げてきているのが嬉しいところ。正直、センターを張れるFWがだれもいない常態だった開幕に比べて、格段の進歩である。
 試合の方は、各所で話題にもなっているが、あの常態の浦和にはさすがに勝てないと駄目だろう的な試合をきっちりと勝って勝ち点3を手に入れたという感じ。FKのボスナーが見事であったが、大前のアーリーなクロスにダイレクトで飛び込んだ高原のゴールが完璧すぎてたまらなかった。枝村 → 小林大悟 → 大前 の展開も教科書通りのカウンターでよかったし。
 
 さて、そんな満足充足の埼スタを後にして、家で祝杯を、と思ったら徹カラお誘いのメールが入る。
 大学生かよ、と思いつつも着替えて本町のラウンドワンへ。
 結局朝6時まで居座る。都合7時間ほど。3時間のインターバルを経由して、10時間は喉を酷使したことになろうか。さすがに喉から声が出なくなる。行こうかな、程度には思っていた映画もさすがにキャンセル。というか家に帰って寝て起きたら午後3時だったりとか。日曜は結局起きて御飯作って片付けしたりで半分費やしてしまった感じ。月曜は普通に出社するしね、と。

【日々是】この世界線にはクリスティーナはいない

くそ、Dメールだ、Dメールを送るんだ。
別の世界線へ遷移するんだ。

シュタインズ・ゲート ねんどろいど 牧瀬紅莉栖 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
1月28日発売だけど1月27日から市場に出回っていたようで、
28日の夜に回ったらどこにもいなかった。
売値3000円が5000円まで上がっているけど、発売元に還元出来ないプレミア価格では買いたくないのでスルー。
やっぱりアニメ化効果かなあ。マイナー作品の商品についてはきっちり予約しておくべきだと再確認。
土曜日は土曜日で、立川?新宿?秋葉原と回ったがどこにもないのであきらめる。再販したら買おう。再販したら。
するのかなあ。

夜は夜で久しぶりに日本代表戦。
どこかの誰かが、結果よりも内容だとか何とか言っているけど、アジアレベルじゃまずは結果だと思うんですよ、僕は。
親善試合やテストマッチならばともかく、カップ戦の決勝だぞと。
特に岡崎には、ここ6年で3回も決勝で涙を飲ませてしまっていたので、是非とも優勝させてやりたかった。
国立で3回も勝たせてやれなかったからなあ。などなど。

【日々是/蹴球】年の初めの例とて

鹿島 2      ―      1 清水
フェリペ・ガブリエル ’26      ’59 フローデ・ヨンセン
野沢拓也 ’77

いつものように天皇杯決勝。
12月29日の清水は、シーズン前半の清水でしたが、今日の清水はシーズン中盤から終盤の清水でした。
それでも、後半開始からシステムを変えて4-4-2にして、左サイドをうまく使うようになってからは調子が良くなってきていた。
それだけに、同点ゴールの後に勝ち越し点を奪えなかったことがきつかった。
そして、本山を抑えきれなかったことがすべて。
兵働の攻守のバランス取りこそが必要だったかなあと。
フローデには、最後の最後で笑って欲しかったところ。

今年は中盤から前の構成がガラリと変わるはず。
今年以上に小野に負担がかかるはずなので、小林大悟には期待したいし、いい加減にマサキは一皮むけて欲しいところ。
あと枝村と杉山は怪我を何とかしてほしい。
なんにせよ、しばらく雌伏の時代になりそうな。
もっとも、ゴトビ監督のポテンシャルが一切不明というのが全ての不安感。

Home > Football is Life Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top